婚活パーティーで恋人を見つけました

不仲だった両親が仲良くなり結婚に夢見るように

私はもともと結婚に対する憧れの気持ちはなく、自分は生涯独身のままかもしれないと考えていました。
男性と話すことが苦手で、恋愛に積極的になれないということも理由として挙げられますが、私の両親が不仲だったというのが最も大きな理由といえます。
両親は顔を合わすと喧嘩ばかりしていて、子供心にもなぜ離婚をしないのかが不思議でした。
嫌々結婚生活を続けているのなら、子供である私のことは気にせずにすぐにでも別れてくれた方が良いのにとさえ考えていました。
それほど2人の中は冷え切っているように見え、とてもではありませんが結婚に憧れる要素はなかったのです。
しかし、両親は年を重ねるごとにどんどん仲が良くなっていき、今では毎年2人で旅行をすることを何よりも楽しみにしているようになったのです。

婚活パーティーで出会って結婚した友人と話をしてきたけど、婚活は運って事で落ち着いた。

— あずさ2号@婚活中 (@azu325) 2019年3月15日
父が大きな病気をして、それが完治してから関係が変わったようで、今ではお互いの体調を心配し合いながら、とても仲が良さそうにしている姿を見ていると、結婚はそれほど悪いものではないのかもしれないと思えるようになりました。
両親に振り回されている気持ちになりながら、心のどこかで2人のような夫婦関係に憧れの気持ちがないとはいえません。
そして、次第に結婚に対しての悪いイメージが消え、自分が結婚をすることを夢見るようになったのですが、なかなか恋愛に踏み込むことができず、恋人を作ることができずにいました。

不仲だった両親が仲良くなり結婚に夢見るように : 恋人を作れず思い切って婚活パーティーへ : 恋人ができパーティーに参加して良かった